メニュ-

インビザラインGoシステムとは?

前歯の歯並びを主に治す矯正治療です。

700万症例を人種別、男女別でデータ化したものをもとに、AIを使い、
歯を動かす予測をするものです。
一連のマウスピースを順番に使用して、1日20時間以上使用し、
1~2週間ごとにマウスピースを交換します。
1週間ごとに交換すると、早い方は4ヶ月〜半年で終了します。

インビザラインGoのメリット・デメリット

インビザラインGoに適している人

前歯の重なりを治したい方

前歯の重なりは見た目にも影響し、虫歯・歯周病にもかかりやすいです。
インビザラインgoなら重なりを改善し、健康的で美しい歯並びに
することができます。

前歯のすきっ歯が気になっている方

つめ物やかぶせ物で歯を大きくして隙間をなくさなくても、
ご自身の歯を動かすことで解決できます。

以前に矯正したが、後戻りをしてしまった方

過去に矯正治療をしたにもかかわらず、後戻りをして歯並びが悪く
なってしまったという場合にもインビザラインgoはぴったりです。

短期間で矯正治療を終えたい方

インビザラインgoは前歯部に限局した矯正のため、
全顎的な矯正治療に比べ、短い治療期間で終了できます。

インビザラインGoの料金について

通常価格45万円

1回目の保定装置のマウスピース代は込み
再制作は2万円

ワイヤー矯正に移行せざるを得ない場合

内容によってプラス30万円前後

御同意をしてもらい、精密な治療計画を説明する際

精密診断料として2万円
(その後、矯正実行すれば最終の45万円から2万円を差し引きます)

  • 説明を聞いてキャンセルとなるとキャンセル料プラス14,000円
  • マウスピースをアメリカへ発注した後に
    キャンセルとなるとキャンセル料10万円となります

マウスピース矯正治療の流れ

1. 初診

事前にお電話にてご予約をお願いします。

まずは保険診療による全顎的レントゲン写真撮影と、口腔検査で口内を把握させて頂いてからマウスピース矯正の相談をさせて頂きます。 矯正中に痛みがでそうな虫歯や、歯石がある場合など、矯正前に必要な処置があれば、治療を行った後に矯正を開始します。
携帯アプリで撮影し、矯正の難易度がわかる無料診断を行っております。

矯正途中で治療を行うと、
マウスピースが合わなくなり

作り直しのため治療期間が
延長してしまいます。

2. カウンセリング

歯並びの悩み治療に対する疑問などを伺い、お答えします。口腔内を撮影し、スキャナーでデータを採取し、治療について説明します。
口腔内スキャナー(iTero)のシミュレーションにより、治療後の大まかな歯並びを3D画像で確認いただけます。
患者様ご自身が口腔内を把握し、矯正治療への理解を深める事を目的としたカウンセリング(矯正相談)5,000円で行っています。

3. 治療計画の立案

カウンセリングを経て、矯正治療へのご同意がいただけましたら、
口腔内のスキャンデータを基に治療計画を立案します。
治療計画が完成するまでに、およそ2週間程かかります。
最終的な歯並び、歯の動き方、治療期間がおおまかに確認できますので、
シミュレーション画像をみながらわかりやすく説明いたします。

4. マウスピースの発注

口腔内スキャナーで得たデータをアメリカのアライン社に送り、患者様1人1人に合ったマウスピース装置を制作します。
治療開始から完了までのマウスピースが全て約1週間で制作・出荷されます。
治療計画によりますが、データ採取から医院に装置が届くまで約1ヶ月程かかります。

5. 治療開始

マウスピース矯正に必要な処置を行い、使い方、注意点を詳しくご説明し、装置の着脱の練習も行います。
マウスピースは1回に数段階分お渡しします。医師の指示に従い、決められた期間装着しご自身で次の段階の装置に交換していただきます。
治療期間中は取り扱い方などのチェック、モチベーションの確認、次の段階のマウスピースをお渡しする為、2週間~1ヶ月程のペースで定期的に受診していただきます。

6. 治療完了

歯並びやかみ合わせの状態をみて、必要があれば更に矯正治療を続けたり、部分矯正を行ったりすることもあります。

7. 保定期間

矯正直後は安定していないため、元の位置に戻ろうとする「後戻り」という現象が起きます。
その為、整った歯並びを維持する為、安定するまでリテーナーという保定装置のマウスピースを装着していただきます。

インビザラインGoによくあるご質問QA

①インビザラインgoのシステムは
どのくらいの期間でおわりますか?

症例によりますが、4ヶ月〜半年で終わることが多いです。

②前歯だけの部分矯正だとしっかり治らないのでは?

奥歯の咬み合わせ、位置などに問題がない場合、
前歯だけの治療で治せるケースは結構あります。

③嘔吐反射が強いのですが、マウスピース矯正は可能ですか?

矯正治療に興味があっても、歯型を採るという段階で踏みとどまっている方もいるかもしれません。
これはiTeroと呼ばれる光学スキャナーを歯に照射するだけで歯型の記録を取ることができるので安心していただけます。
マウスピース自体も薄いため、嘔吐反射は起こることはほとんどありません。

④光学スキャナーiTeroの光は体に害はありませんか?

心配いりません。放射線を一切使用しておらず、人体への影響もないので、妊婦さんにも安心してお使いいただけます。

⑤マウスピースをつけたまま発音できますか?

最初のうちは多少、舌たらずで発音が少し不便に感じられるかもしれませんが、数日経てば普通に発音できるようになってくるので心配はいりません。

⑥1日に何時間つけないといけないですか?

きちんと矯正の効果を出すには、1日20時間以上つける必要があります。
ご自分で取り外しができるのが便利である一方、きちんと管理して装着しなければ効果が現れません。

⑦マウスピースのお手入れはどのようにすればいいですか?

マウスピースを外した後はやわらかい歯ブラシで優しく洗浄して下さい。
熱湯(40℃以上)につけたり、漂白剤につけると変形・変質してしまう恐れがありますので控えましょう。
汚れや細菌が気になる場合はマウスピース専用の洗浄剤があります。

⑧矯正終了後の保定装置はどのくらいの
頻度で使えばいいですか?

保定期間について、矯正した期間と同期間は15時間使ってもらい、その後、12〜15時間、8〜12時間と様子を見ながら使用時間を減らしていけます。
1年後からは夜寝ている間はつけて下さい。寝ている間だけは半永久的に付けて頂くのが望ましいです。

⑨矯正中に痛みはありますか?

インビザラインgoのマウスピース矯正は一度に無理に歯を動かさないように作られていますので、ワイヤー矯正に比べ痛みは少ないです。マウスピース素材も滑らかな表面になっているのでお口の粘膜を傷つけることも少ないです。

⑩外食や飲み会が多いのですが、
インビザラインgoはできますか?

インビザラインgoはご自身で毎日20時間以上つけるように管理しないと効果が現れません。外食・飲み会が多く、1日の装着時間が短くなってしまうと思うような治療効果が現れず、なかなか治療も進まなくなりますので、長時間装着できない場合はおすすめできません。

⑪マウスピースをつけたまま飲んだり食べたりはできますか?

飲食の際には水以外、外していただきます。
水以外の飲み物は内部に糖分が残って虫歯の原因になるリスク、内部に色素がついてしまうリスクがあるため外して下さい。

⑫何歳からできますか?

基本、永久歯がすべて生え揃ってからの治療となりますが、成長期に行うと、後々、歯並びがズレてくるので、成長期が終わってからの治療となります。ご相談ください。


おかもと歯科医院への問合せ
0120-270-177